«

»

5月 21

空に浮く大きなリング、金環日食


今年、2012年は非常に多くの天体現象がありました。
皆既月食、金環日食、金星の日面通過がありました。また、これからは金星食があります。
今回の5月21日、金環日食は学校で理科の先生主催の下、観測会が行われました。

この現象は次回は2030年に日本の北海道などで見られるとかで、貴重な機会なのでNDフィルターを購入しちゃいました。
KenkoさんのND400とND8で、もう一つは理科の先生から分けていただいたドイツ製のアストロソーラーフィルターND3.8です。
撮り比べをしたかったのですが、ND400を忘れたのでそっちは諦めて日中の長時間露光撮影に使用しようかと思います。。。

上の写真からも分かる通り、沢山の生徒が校庭に溢れかえっていました。
僕が立って撮っているこのエリアは撮影者専用エリアで、写真部はもちろん、先生方や鉄道研究同好会も撮影していました。

理科の先生は、天体望遠鏡や双眼鏡、フィールドスコープなどを三脚に固定して設置した上で生徒に見せてあげたりして下さったようです。

また、写真を撮る余裕はありませんでしたが、ビクセンさんの日食グラスと300円級の日食グラスとで見比べてみました。
かなり見え方が違います。ビクセンさんのものは非常に優秀で、太陽が程よい明るさでくっきりと見えました。WB(ホワイトバランス)も正常でした。
300円級のものは、遮光率が高すぎるためか、目をこらさないと見えにくく、ややオレンジがかって輪郭にメリハリが感じられませんでした。

さて、ここからは写真を載せていきます。
先ほどの校庭全景の写真はCanon EOS 40DとAT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5で撮影しました。
ですが、金環日食はNikon D90とAi AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D EDとKenko Digital Teleplus PRO300 2X DGで撮影しました。
APS-Cを35mm判換算すると、200mm×2(テレコン)×1.5=500mm相当です。

         

さて、見た方も見てない方も楽しんでいただけたでしょうか?
2012年度文化祭では皆既月食の写真や金環日食の写真・動画、金星食の写真(晴れてなおかつ撮れれば)なども新たに展示する予定ですので、是非ご来場下さい。

(文責:中3青木)

2013/4/7 誤字訂正